今すぐ試す

エンドユーザーライセンス同意書

MSPYアプリケーションソフトウェア(以下、ソフトウェア/ライセンスソフトウェア)の購入前に、このエンドユーザーライセンス同意書(「EULA」)を必ずお読みください。このソフトウェアの購入、または使用することでEULAの条件に遵守するとともに同意するものとする。このライセンスの条件に同意しない場合は、このソフトウェアをダウンロード、または使用したり、関連するファイルをデバイスから削除しないものとする。このEULAは、ソフトウェアのユーザー(以下、ユーザー)とMSPY(以下、アプリケーションプロバイダ/MSPY)間の法的合意である。ソフトウェアをダウンロード、インストール、または使用することにより、このEULAの条件に同意するものとする。このEULAの条件に同意しない場合は、ソフトウェアのダウンロード、インストール、または使用しないものとする。

このEULAに同意することにより、ユーザーの所有する1つ、または複数の端末上のみにソフトウェアをインストールすることに同意し、クラウドベース、または端末へのインストールを必要としないその他の監視の場合、アクセスの権利を有すアカウント、アプリケーション、またはプログラムとの接続のみ使用することに同意するものとする。また、ユーザーは、ソフトウェアがインストールされている端末の使用者、及びアカウントの監視の権利を有する全てのユーザーにソフトウェアの存在について通知することに同意するものとする。この同意に準拠しない場合、ユーザーは適用法に違反するとみなされる可能性がある。ユーザーは、アプリケーションプロバイダ及び/またはソフトウェアがインストールされている端末を使用する全てのユーザーに、ソフトウェアの不適切な、または違法な使用に起因し、発生した法的費用の責任を負うことを理解し、これに同意するものとする。



ソフトウェアをインストールすることにより、以下を保証、表明、誓約、証明するものとする。

  1. ライセンスの範囲: アプリケーションプロバイダは次に関し、限定的、非独占的、譲渡不可、無効化できるライセンスを付与する。(i)ユーザーが所有する、または管理する1つ、又は複数の端末へのソフトウェアのインストール、(ii)ソフトウェアから提供されるソフトウェアの使用と関連する情報の確認と表示、(iii)またはクラウドベース上の特定のアカウント、アプリケーション、プログラムの監視の為のソフトウェアの使用。このEULAの内容は、所有、または管理していない端末、監視する法的権利を有さない端末、または所有していないアカウント、アプリケーション、プログラムを監視する為のライセンスソフトウェアのインストールの許可と解釈しないものとする。クラウドベースの監視の場合、複数の端末により同時に使用されるネットワーク上、所有または管理していない端末にライセンスソフトウェアを配布、または利用可能にしないものとする。デバイス、アカウント、アプリケーション、プログラムの監視に関する法的権利の有無に関する判断は、ユーザーが責任を持ち判断するものとする。
  2. mSpy は合法的使用のために設計されている。 ライセンスソフトウェアは、端末、アカウント、アプリケーション、プログラムの監視に法的権利を有する者に対し設計されている。アプリケーションプロバイダは、ユーザーに法的なアドバイスの提供ができない。監視の法的権利を有さない携帯またはその他の端末、アカウント、アプリケーション、プログラムにライセンスソフトウェアのような監視ソフトウェアをインストールすることは、大抵の場合、適用法の違反とみなされることを理解する。法律により通常、端末、アカウント、アプリケーション、プログラムのユーザー、または所有者に端末、アカウント、アプリケーション、プログラムが監視されていることを通知することを義務付けられている。それをしないことにより、適用法に違反する可能性があり、違反者に厳しい罰金、及び刑事罰が科せられる可能性がある。ライセンスソフトウェアをダウンロード、インストール、使用する前に予定するライセンスソフトウェアの使用方法を法律顧問に相談することを強く勧める。ライセンスソフトウェアがインストールされている端末、アカウント、アプリケーション、プログラムを監視する法的権利の有無に関し、ユーザーは全責任を負うものとする。ユーザーが監視をする法的権利を有さない端末、アカウント、アプリケーション、プログラムの監視を選択する場合、アプリケーションプロバイダは一切責任を負わないものとする。
  3. ソフトウェアの不適切な使用。 ユーザーは、嫌がらせや乱用、ストーキング、脅迫、名誉毀損、またはその他の方法で他人の権利を侵害したり、侵害する目的でライセンスソフトウェアを使用しないことに同意するものとする。アプリケーションプロバイダは、ユーザーによるそのような使用、またはライセンスソフトウェアを使用する結果として嫌がらせ、脅迫、抽象的、攻撃的、または違反なメッセージをユーザーが受信する場合、一切責任を負わないものとする。所有者の許可なく端末にインストールされた場合、アプリケーションプロバイダは解除手順を実施し、違反者のアカウントがブロックされていることを確認する権利を有する。アカウント所有者のプライバシーを保護するため、mSpyサーバー上の全てのデータは暗号化されているため、アプリケーションプロバイダはサーバー側からサードパーティにデータを開示したり、読み取ることができないことを理解する。
  4. ライセンス。 アプリケーションプロバイダは、オリジナル、またはコピーの全ての権利、権限、及び利利益、関連する情報、改良、強化、二次創作物、全ての知的財産権の所有者であることを理解するものとする。関連するものは全体的、または一部において、アプリケーションプロバイダの独占的財産の所有者である権利を有し、それを維持する。ユーザーはライセンシーとして、ソフトウェアのダウンロード、インストール、使用を通じてライセンスソフトウェアを購入することはできない。ライセンスソフトウェアは著作権法、及び国際著作権条約、並びにその他の知的財産権及び条約により保護される。このライセンスにより付与される権利は、ライセンスソフトウェアのダウンロード、インストール、使用に限り、その他の知的財産権は含まれない。

    ユーザーは次の行為を実行しないことに同意する。(i)ライセンスソフトウェアの販売、リース、レンタル、ライセンス供与、サブライセンス供与、再配布、割り当て、または付与、(ii)全体または一部的なライセンスソフトウェアの逆コンパイル、逆アセンブル、またはリバースエンジニアリング、(iii)派生ソフトウェアの作成、または開発、ライセンスソフトウェアのソースコードの派生、変更、または派生物の作成、更新、またはライセンスソフトウェアに基づく一部、またはその他のソフトウェアプログラムの作成を試みること、(iv)アプリケーションプロバイダによる事前の書面による許可なく、サードパーティによる提供、開示、公開、利用可能にする、または使用を許可する、または(v)ソフトウェアのコピー。

    そのような試みはEULA、及びアプリケーションプロバイダの権利の違反とみなされる。この制限に違反する場合、法的措置、及び損害賠償の対象となる。

    アプリケーションプロバイダは、ライセンス期間中にライセンスソフトウェアの更新、変更、または追加(以下、変更)を提供する場合がある。EULAの条件は、別のライセンスが付随していない場合、そのような変更にはライセンスの条件が適用される。

    ユーザーは、このEULAに基づく参加により、このEULA以前に取得した機密情報について秘密に保持することに合意することを表明する。ユーザーは、契約と矛盾する口頭、または書面による契約を締結せず、締結しないことを表明する。

  5. データ使用の同意: ユーザーは、アプリケーションプロバイダがユーザー所有の端末、システム、アプリケーションソフトウェア、及び周辺機器を含むがこれに限らない技術データ、及び関連情報を収集、及び使用することに同意する。これは、ライセンスソフトウェアに関連するソフトウェアの更新、製品サポート、及びその他のサービス(存在する場合)のために定期的に収集される。ユーザーは、個人的に特定されない形式である限り、製品、または提供するサービス、技術改良を目的とするため、アプリケーションプロバイダがこの情報を使用できることに同意する。アプリケーションプロバイダは、通常業務におきユーザーを個人的に特定するデータを直接利用し、法執行機関の要求が無い限り、プライバシーポリシー で定められるよう、そのようなデータを第三者に開示しない。
  6. サードパーティ情報。 このEULA前後のいかなる時点におき、企業機密、または他人の機密情報を所有する場合、不適切に使用、またはサードパーティに開示しないことに同意する。更に、アプリケーションプロバイダがサードパーティライセンサの機密情報を開示する場合、アプリケーションプロバイダから要求される使用、または機密保持の指示に遵守するものとする。そのような機密情報を極秘に保護し、サードパーティに開示したり、アプリケーションプロバイダ、またはサードパーティ以外の人の利益のために使用しないものとする。
  7. サービス: サードパーティの資料: ライセンスソフトウェアは、サードパーティのサービス、及びウェブサイト(以下、サービス)のアクセスを可能にする。ユーザーは、サービスの使用により、不快感、淫らな、または不愉快とみなされるコンテンツに遭遇する場合がある。そのようなコンテンツは卑猥な表現を含むと識別される、またはされない場合があるる。ユーザー、または監視されている端末、アカウント、アプリケーション、またはプログラムの管理者にによる特定のURLの検索、または入力の結果、不快なコンテンツのリンク、または参照を自動的に、意図せずに生成される場合がある。ユーザーは、単独でリスクを負い使用することに同意し、アプリケーションプロバイダは不快感、淫らな、または不愉快とみなされるコンテンツに関し、一切責任を負わないものとする。

    特定のサービスの中には、サードパーティの利用可能なコンテンツ、データ、情報、アプリケーション、または資料(以下、サードパーティ資料)、またはサードパーティウェブサイトへのリンクを表示、または含む場合がある。サービスを使用することにより、アプリケーションプロバイダはそのようなサードパーティ資料、またはウェブサイトのコンテンツ、正確性、完全性、適時性、有効期限、著作権遵守、合法性、品性、品質、またはその他の側面を調査、または責任を負わないことを認め、同意する。アプリケーションプロバイダは、サードパーティサービス、資料、ウェブサイト、またはその他の資料、消費、またはサードパーティのサービスに関し、ユーザー、または他の人物に保証、引き受け、または責任を負わない。サードパーティ資料、及び他のウェブサイトへのリンクはユーザーの便宜のためのみに提供される。

    サービスは、著作権を含むがこれに限定されない知的財産権、及びその他の適用する財産権、及びその他の法律によりに保護される特定の専有コンテンツ、情報、資料を含む場合がある。ユーザーは、サービスによる使用許可を除き、このような専有コンテンツ、情報、資料を使用しないものとする。

  8. 契約期間と終了: このライセンスの契約期間は、ユーザーのサブスクリプション期間と並行し、実行される。これはライセンスソフトウェアのしようが許可される期間を意味する。このライセンスの権利は、EULAの条件に従わなかった場合、またはサブスクリプション期間が満了した場合、アプリケーションプロバイダの通知なく自動的に終了する。ライセン終了時、ユーザーはライセンスソフトウェアの全ての使用を停止し、インストールされている全ての端末からアンインストールするものとする。
  9. 限定保証。限定譲渡不可保証は、 ライセンス購入後、サブスクリプションプランに基づくソフトウェアを対象とする。その間、その他の追加、更新、または交換用ソフトウェアを受け取る場合、限定保証はサブスクリプションプラン終了時まで延長される。法律によって許容される範囲内で、この黙示の保証は限定保証の期間のみ有効である。
  10. 保証からの除外。 限定保証はユーザーによる行為(または行為の失敗)、他者の行為、またはアプリケーションプロバイダの合理的な制御が及ばない出来事により生じる問題には適用されない。
  11. 技術上の問題。 ソフトウェアに技術上問題が生じる場合、mSpyカスタマーサポートセンターから専門的な支援を受けることができる。カスタマーサポートセンターは、サブスクリプションプラン期間の限定保証の下で完全な支援を提供する。
  12. 救済措置。 ソフトウェアに技術上問題が生じ、mSpyカスタマーサポートセンターで修正できない場合、救済措置の対象として、 返金ポリシーに適用する完全返金が行われる。
  13. 限定保証を行使する場合、問題の詳細、及びライセンス購入の照明と共に、[email protected] まで電子メールでご連絡ください。
  14. EULAの条件は時折変わることがあり、変更が生じる場合、EULAの更新版がこのページに表示される。
  15. アプリケーションプロバイダは、ユーザーに付与されたライセンスをいつでも変更する権利を留保する。変更が生じる場合、 mSpy.comのウェブサイトに表示される。また、アプリケーションプロバイダは、一切責任を負うことなく、ライセンスソフトウェアの特定の機能を変更、中止、または制限する場合がある。ライセンスソフトウェアの継続的な使用により、ユーザーは変更に同意する。
  16. 責任制限。 法律による許容範範囲により、MSPYは、ソフトウェアの使用、請求、要求、または損害の原因の性質とは関係なく、または所持から生じる紛失、被害、または損害に対する直接、または損害賠償請求、要求、行動、またはソフトウェアの使用、及び使用不能により生じる、利益、収益、データ、契約、または保留の紛失、またはその他の直接的、間接的、付随的、特別、または派生的損害が生じる場合、仮にそのような損害の発生に関し、MSPYに予告がなされていたとしても、契約が保証に基づくか、このEULAの条件に違反であるかにかかわらず、MSPYはユーザーに対し一切責任を負わないものとする。

    このEULA は、(a) 合法的に変更、または除外できない消費者の権利の変更、除外、また (b)ソフトウェアを直接mSpyウェブサイトから購入しなかった場合、他の当事者に対する権利の制限、または除外を意図しない。一部の法域では、特定の責任の除外、損害の制限、または保証の排除を許可しない。いかなる場合でも、mSpyはユーザーによるソフトウェアの使用に関し責任を負わないものとする。

  17. 追加される条件。 このエンドユーザー使用許諾契約は、契約に関する両当事者間の完全な、最終的かつ都合的な契約を構成し、両当事者間の口頭、または書面に問わず、契約前後、及び同時期の全ての理解、及びコミュニケーションを優先するものとする。アプリケーションプロバイダは、ここで具体的に付与されるもの以外の権利、またはライセンスを留保する。このEULAは、アプリケーションプロバイダによる事前の書面による同意なく(法律の運用、またはその他の方法)割り当てられたり、いかなる方法でも転送されることはない。
  18. このEULAの違反により、ユーザーがアプリケーションプロバイダに対し回復不能な損害を与え、損害賠償が救済として適用しない場合があることを認める。従って、そのようは違反が発生する場合、アプリケーションプロバイダは差し止めによる救済、及びその他の衡平法による救済を求める権利を有するものとする。
  19. このEULAを読み、ここに記載される権利、義務、条件を理解したことを明示的に認めるものとする。ソフトウェアのインストールの継続により、これらの条件に明示的に同意するものとする。
  20. このEULAは、適用法、及び関連する裁判所の専属管轄権に基づき解釈されるものとする。
  21. 国際的な使用。 ソフトウェアは世界中でアクセスできる場合があるが、ソフトウェア、または関連資料がユーザーの地域での使用に適切、可能であるとは限らず、現地法によりコンテンツが禁止されている場合、ソフトウェアへのアクセスは不可能である。そのような場所からソフトウェアに自発的にアクセスをする決心をし、アクセスする場合、現地法が適用する限り、現地法に遵守する必要がある。ソフトウェアが法律により禁止されている場合、ソフトウェアに関連するいかなる提供、及び/または情報は無効となる。
  22. 上記を制限することなく、(a)米国の禁輸國(またはその国民の居住者)、または(b) 米国財務省の特別指定国民、または取引禁止リスト対象の個人、または事業体)へのソフトウェアの輸出、または再輸出することが不可能である。ソフトウェアにアクセスし使用することにより、そのような国、リストの対象ではなく、そのような管理下、国民居住者でないことを認め保証するものとする。

EULAに関する質問、または個人情報の変更、当社のデータベースからの除去については、電子メールにて、ご連絡ください。 [email protected] 、法人情報: Altercon Group s.r.o., address: Londynska 730/59, Vinohrady, 120 00 Praha, Czech Republic、電子メールl: [email protected]、電話番号.: +420 228 881 324

現行版: 2018年5月25日